再び韓国へ

韓国遠征・第二弾

金海市

ベルテクスホッケーチームは再び韓国遠征に来ています。

前回の韓国遠征は城南市でしたが、今回は韓国南部の金海市にやってきました。

金海と書いて、「キメ」と読みます。

英字表記ではGimhaeと書いて、「キメ」と発音するようです。

釜山に近い、人口約50万人の都市。盧武鉉元大統領の出身地とのこと。

個人的には、フラーテルに入部してすぐの2013年4月と、

2014年アジア大会前の2度、この金海市に来ています。

以前のブログでも紹介しましたが、金海市役所は韓国国内の強豪チームのひとつ。

今回は金海市役所に加えて、軍隊チームともトレーニングマッチを行う予定です。

シーズンを締めくくる全日本選手権の決勝トーナメントに向けて、強化のための環境を整えてもらいました。

自分たち選手はこの機会を活かして質の高い準備を重ね、結果という形で恩返しする責任があります。

目の前の1日1日。

ホッケーにエネルギーを注いで過ごしていきます。

ホッケーの試合というのはボールスピードが速く、ダッシュを何回も繰り返すので、身体的な負荷は大きくて、決して楽なスポーツではないのですが、

そんな状況でも思い通りのプレーができたときやチームの仲間と息のあったプレーができたときはやはり楽しく感じるものです。

作家の遠藤周作さんが言うところの、

苦楽しい

という感じでしょうか。

ハードワークしたり。
頭を使ったり。
心を配ったり。

苦楽しみながら準備を積み重ねていきます。

簡単ですが、近況報告でした。

また更新します。

それではまた!

藤本一平

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。

●このコメント欄の使い方

お名前は匿名やニックネームでかまいません。コメントの内容を確認した後、公開しますので表示まで時間がかかる場合があります。非公開を希望する方はその旨をご記入ください。お問い合わせフォームもありますので、そちらも気軽にご利用ください。

40