すべてのものは二度つくられる

7つの習慣

大学時代

『7つの習慣』(スティーブン・R・コビー著)

は私が大学時代に買った書籍の中で、いまでも手元に持っている一冊であり、ときどきつまみ読みをする。

7つの習慣

7つの習慣

この本の

<第二の習慣 目的を持って始める>
自己リーダーシップの原則

という項目の中で、以下の言葉が出てくる。

すべてのものは二度つくられる

英語で書くと、

All things are created twice

意味

この言葉の意味を説明するために、自動車を例にあげたい。

自動車は現実にこの世に存在しているが、この世につくられる前には設計図が必要である。

この設計図をつくる段階は「知的な第一の創造」

そして、その設計図をもとに各部品が作られ、それを工場で組み合わせて実物がつくられる。

これが「物的な第二の創造」。

つまり、ものがつくられるときには「知的創造」「物的創造」という2つの創造が行われる、ということである。

「知的創造」は、英語では

mental creation

「物的創造」

physical creation

メンタルとフィジカル。

カタカナにすると、スポーツ用語のように感じるのは私だけだろうか。

というわけで、

個人的にこの原則を意識することは、ホッケーをはじめとしたスポーツを行う上でも有益と考えている。

「知的創造」は、いわゆるイメージトレーニングに当たると考える。

「物的創造」は、そのイメージを実際のプレーで表現すること。

体験

先日の日本代表選考会の中で、この「知的創造」「物的創造」という原則が腑に落ちたシーンがあった。

選考会3日目。

私はこれまで自分が決めたことのないような形でゴールを決めることができた。

そのゴールの形は、これまで現実化したことはなかったのだが、

頭の中では、すでにつくられていた形であった。

どのような形か。

以下の動画の1分25〜50秒あたり。

韓国代表のイ・ナム・ミョン選手のゴールを見ていただきたい。

(実況アナウンサーは選手を間違えてオ・デ・グンと言っているが、これはイ・ナム・ミョン選手のゴールです。)

このシーンは自分自身の印象に強く残っていたゴールで、何度もくり返しこのゴールシーンを観ていた。

そのため、私自身にも同じようなゴールチャンスが訪れたら、この形で決めよう、と考えていた。

イメージトレーニング=「知的創造」はすでに行われていた。

そして、イメージの具現化=「物的創造」が達成されたのが先日の選考会3日目であった。

アシスト

ゴールをアシストしてくれたのは小沢諒選手。

山梨学院大学所属で、2016年12月のジュニアW杯ではU-21日本代表の主将としてチームを牽引した選手である。

小沢諒選手

小沢諒選手

彼の持ち味は、力強いストロークを活かしたロングパス。

選考会2日目に一緒のチームでプレーした時間帯があり、そのときから

「狙える時は前へのロングパスを狙ってくれ」

と話をし、イメージの共有を行っていた。

そして、迎えた選考会3日目。

彼は期待通りのロングパスをくれた。

相手DFの裏をついた私のリードに対して、正確で力強いリバースヒットパスを通してくれた。

私がパスを受けた場所はサークルトップ左側。

さきほど紹介した映像とはやや異なるが、ゴールに背を向けた状態でパスをレシーブをし、GKが近くに詰めていた。

リバースヒットを得意とする私は、そのままリバースヒットシュートを打てる体勢に持っていこうとした。

しかし、GKがリバースヒットシュートを読んで動いてきたことに気付いた。

その瞬間、さきほどの動画で紹介したイ・ナム・ミョン選手のゴールシーンが

ビビビッ

と頭に蘇った。

そして、

くるりんぱ。

スティックにボールを引っ掛け、くるりと回ってゴールに流し込んだ。

結び

今回の記事でお伝えしたかったことのひとつは、

イメージトレーニングの有効性。

「知的創造」「物的創造」というこの世界の原則を意識することが、

イメージトレーニングの質を高めたり、

イメージトレーニングに対する意欲を高めたりするのではないか、と考え書いてみた。

堅苦しく書いたが、ざっくりいえば、

たくさんホッケーの映像を観ておくことが役に立つこともある(のではないか)

ということです。

個人的には

・繰り返し観ておくこと。
・映像だけでなく、感情、匂い、風、気温などもイメージすると質が高まる。

と考えている。

(このブログで映像を紹介することが日本のホッケープレイヤーとイメージを共有することにつながる、と期待もしている)

今回の記事では割愛しますが、ミラーニューロンという神経細胞もあるので、興味のある方は調べてみてください。

最後に。

いいパスをくれた小沢諒選手。

いいアイディアを与えてくれたイ・ナン・ミョン選手。

ありがとうございます。

それではまた。

藤本一平

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。

●このコメント欄の使い方

お名前は匿名やニックネームでかまいません。コメントの内容を確認した後、公開しますので表示まで時間がかかる場合があります。非公開を希望する方はその旨をご記入ください。お問い合わせフォームもありますので、そちらも気軽にご利用ください。

0