男子ホッケー日本代表選考会 3日目

サムライジャパンの選考会、第3日が終了し、無事すべての日程を終えました。

昨晩(1/11)の夕食後にミーティングが行われ、そこで選手を3チームに分けた編成が発表されました。

その後、分けられた3チームそれぞれがミーティングを行い、本日(1/12)の試合に向けた戦術などを練りました。

迎えた今日、15分ゲームを4本行い、全日程が終了。

という流れ。

これまで何度か代表選考会に参加した経験がありますが、前日のうちにチーム編成が発表され、試合に向けてミーティングの時間が設けられる、

というのは初めての経験でした。

今回の選考会ではじめて一緒にプレーする選手もいましたが、少しずつお互いのプレーの良さを感じ取って息が合ってきた感覚がありました。

ホッケーは、フィジカル、スキル、判断のスピードや正確性など、いいプレーを行っていくために、さまざまな要素が必要とされるスポーツです。

簡単ではありませんし、すべてを極めるというのは無理、といえるかもしれません。

それぞれの選手に得意な分野と、人並な分野と、苦手な分野が存在するものだと思っています。

それぞれの選手の良さを出し合って、お互いの弱みをカヴァーしあったり、自分ひとりではできないようなビッグプレーを実現できること。

このあたりに、ホッケーの楽しさのひとつがあるのではないか。

そんなことをあらためて感じさせられた選考会でありました。

それではまた。

藤本一平

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。

●このコメント欄の使い方

お名前は匿名やニックネームでかまいません。コメントの内容を確認した後、公開しますので表示まで時間がかかる場合があります。非公開を希望する方はその旨をご記入ください。お問い合わせフォームもありますので、そちらも気軽にご利用ください。

0