【2016年】年末のご挨拶

2016年

振り返り

こんばんは、藤本です。

みなさん、年末をどのようにお過ごしでしょうか。

僕は現在、山梨県都留市の実家に帰省しています。

兄弟と一緒に近所を散歩したり、

桂川

桂川

桂川2

桂川2

お正月にむけた準備を手伝ったり、

妹たち

妹たち

と、年末年始ならではの時間を過ごしています。

2016年もあとすこしで終わりを迎えようとしています。

例年、清水寺で今年の漢字が発表されますが、今年は。。。

忘れてしまったのでいま検索したのですが、「金」でしたね。

ちなみに今年の漢字の応募数2位は「選」で、3位が「変」だったみたいです。

自分自身が選ぶとしたら、なんだろう、と考えましたが、個人的には「変化」の多い一年だったので、「変」かな、と思っています。

このブログでお伝えした部分もありますが、振り返ってみると今年はこんな変化がありました。

<ホッケー>

・チーム名の変更→名古屋フラーテルからベルテクスへ

・ホッケー日本リーグを休部

・選手、スタッフ陣の変更

VERTEX

VERTEX

<仕事>

・1月から部署異動

広告の校正作業を行う部署に異動。

Adobe社のアプリケーション(illustratorやPhotoshop, After Effects, In Designなど)を使う頻度が高くなり、会社のデスクで使うパソコンもMacに変わりました。

<プライベート>

・MacBook Proを購入

会社で使うPCが変わったこともあって、いまがいいタイミングかな、と思ってMacBookを購入しました。基本的にブログはこのマシーンで書いています。2017年もがんばってもらおうと思っています。

山梨学院が練習試合に来てくれたときにブログを書いた様子

山梨学院が練習試合に来てくれたときにブログを書いた様子

・姪っ子が生まれオジサンに

姉、妹がそれぞれ女の子を出産し、今年1年で姪っ子が2人できました。ということで、おじさんになりました。

変化

変化が好きな人もいれば、安定が好きな人もいます。

自分自身は、変化が好きなタイプの人間だと思っていますが、あまり変化が多すぎるとつかれてしまいます。

変化が好きでも、変化に対応するのが得意ではない分野もある、みたいな感じでしょうか。

みなさんはどうでしょうか。

どちらがいいとか、悪いとか、そういうのではなくて、

時と場合によって変化を求めたり、安定を求めたり。

あるいは変化が求められたり、安定が求められたり。

そういうものだと思っています。

ホッケーの試合もそうですもんね。

カウンター攻撃のように一気に戦況を変えるときもあれば、ポゼッションをして安定を図るときもある、みたいな感じで。

僕たちが生きている現代という括りで考えると、過去と比べて変化が激しい時代と言われたりします。

実際はどうなんでしょう。

激動の時代は過去もあったと思います。

ただひとつの変化が他に与える影響の速度、規模という点においては、過去と現在で確実に違いがあるので、やはり現代は変化が激しい、と言えるような気がします。

ホッケー界も、いろんな変化が起きています。

国際ホッケー連盟は試合時間を35分×2から、15分×4に変えてしまうくらいですからね。

ルール変更も頻繁にあって、変化がなかなか激しい業界です。

言葉

前置きが長くなりましたが、今日のブログの題名について。

今年の、特に夏以降なんですが、継続して意識してきた言葉があります。

それは

All things in moderation.

です。

「in moderation」には、「適度に、ほどほどに」という意味があるそうで、

素直に日本語に訳すと、

何事もほどほどに

といった感じでしょうか。

ただ、個人的には「適度に、ほどほどに」と訳すとすこし手抜き感があるように思うので、

自分としては

何事もちょうどよく

というように都合よく解釈しています。

この言葉は今年の春から夏にかけて受けていたインターネット英会話の講師から教えてもらった言葉です。

ホッケーもやって、仕事もやって、英会話もやって、ちゃんとバランス取れていますか?

休養も含めて、「ちょうどよくやること」が大事ですよ。

というようなアドバイスをされながら、この言葉を教えてもらいました。

その後、論語に出てくる中庸という言葉や、仏教用語の中道という言葉を知ったりして、

それぞれ微妙にニュアンスや言葉ができた背景は違うとは思いますが、

ちょうどよさ

を考えながら2016年後半を過ごしてきたように思います。

まだまだ、1日1日、時間やエネルギーをどう使って過ごしていくか、というのは試行錯誤していますし、

これは一生続くものだと思っています。

ただ、さきほどまで述べてきた「変化」というものにうまく対応していくためには、

この「ちょうどよさ」というのがけっこうキーになると個人的に思っています。

過度でも、不足でもなく、ちょうどよく。

(ただ、ちょうどよくを実現するには、一度、過度や不足を経験することも大切だったりするんですけどね・・・)

2016年もそうであったように、2017年もきっといろんな変化が待ち受けていると思いますが。

引き続き、

All things in moderation.

何事もちょうどよく

を意識して、過ごしていこうと思っています。

年末の出来事について、もうちょっと書きたいこともありましたが、自分にとってちょうどいい睡眠時間を確保するために、今回はここまでにしておこうと思います。

つづきはまた、2017年に、ということで(笑)

最後に

今年も1年間、藤本一平のブログにお付き合い頂き、ありがとうございました。

ときおり、このブログにコメントをいただいたり、このブログがきっかけで連絡をいただいたいりすることがあり、そういった方々からの反応はこのブログを続けていく上でのひとつのモチベーションになっています。

このブログをやっている目的はいくつかありますが、達成できている部分とそうでない部分がありますので、

新年を迎えるにあたって、このブログのあり方も再考してみようと思っています。

よりよいものをつくっていけるように、2017年も継続していこうと思っていますので、今後共よろしくお願いいたします。

それでは、みなさん、よいお年を!

藤本一平

地元・都留市からの富士山

地元・都留市からの富士山

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。

●このコメント欄の使い方

お名前は匿名やニックネームでかまいません。コメントの内容を確認した後、公開しますので表示まで時間がかかる場合があります。非公開を希望する方はその旨をご記入ください。お問い合わせフォームもありますので、そちらも気軽にご利用ください。

40