【広島】アスリート合宿

広島

トレーニングクラブ・アスリート

4月1日〜6日まで広島にて、ウェイトトレーニングの合宿を行ってきた。

場所は「トレーニングクラブ・アスリート」。(以下、アスリート)


アスリートの平岡代表はプロ野球選手・Jリーガー・プロゴルファー・競輪選手・競艇選手など様々な競技の200名以上のプロ選手を直接指導し、育ててきた実績がある。

現在、プロ野球・阪神タイガースの監督を務める「兄貴」こと金本氏は平岡代表が長年トレーニング指導にあたってきた人物の一人。金本氏は入団当初からアスリートでトレーニングを続け、鋼の肉体を作り上げた。

現在も阪神の若手選手のトレーニング指導をアスリートに依頼するなど、関係は続いており、アスリートのホームページ「兄貴のコンディショニングルーム」のコーナーでは、金本氏のトレーニング記録が綴られている。

現役選手でいえば、昨年セ・リーグを制した広島の新井選手、丸選手、鈴木選手なども会員で、施設の至る所に会員選手のトレーニング写真や新聞記事などが並んでおり、プロ野球のオフシーズンには多くの選手がアスリートでオフトレを行っている。

施設内には往年の名選手たちのユニフォームやサイン入りバットなどもずらり。(モデル:津田)

img_4173.jpg

img_4174.jpg

img_4175.jpg

アスリートとホッケー

アスリートとホッケー競技の関係は、1994年広島アジア大会前に遡る。

大会に向けた強化合宿中にこのアスリートでトレーニングを行っていたようだ。
(平岡代表の日記「ホッケー日本代表1」より)

1994年アジア大会

全日本ホッケーチームのサインの日付は1994.5.17 往年の名選手のサインも確認できる

その後、ロンドン五輪予選、リオ五輪予選に向けた強化期間中に男女のホッケー日本代表チームがトレーニングを実施したり、地元・広島のコカ・コーラウェストレッドスパークスのメンバーもアスリートでトレーニングを実施しており、それらの様子も「平岡代表の日記」で紹介して下さっている。

コカ・コーラも

さくらジャパン、コカ・コーラウェストレッドスパークスの写真も

3年ぶり

私がこの施設で合宿を行うのは2014年1月末以来、3年3ヶ月ぶり。

3年前、日本代表のトレーニング合宿で訪れたときにアスリートの階段下の壁に書いた当時のメンバーのサインと集合写真は現在も残っていた。

サムライJAPANのサイン

サムライJAPANのサイン

集合写真

集合写真は阪神・新井良太選手も一緒に

サイン2

サイン2

<3年前に書いたブログ>

2014年1月29日
【広島合宿】阪神タイガース・新井良太選手

2014年2月2日
【広島合宿】

目的

さて、肝心のトレーニングであるが、今回は名古屋フラーテルホッケーチームとしてのウェイトトレーニング合宿。

アスリートでのトレーニング経験がある選手は山下、中山、山部、吉原、藤本の5名のみで、他の12名の選手は初めてのアスリート合宿。

正直に言って現在はチーム内の選手間で挙上できる重量に大きな開きがあり、トレーニングのフォームや知識においても差があるのが現状。

今回の合宿で平岡代表が設定してくださったメインの目的は、「各選手が自分の頭で考えて正しいトレーニングを選択して行えるようになること」。

ガンガンに追い込んでトレーニングを行うというよりは、トレーニングの頻度・重量・部位の優先順位・測定方法・食事などについての基礎知識を身につけ、実際のトレーニングを正しい順番、正しいフォーム、正しい追い込み方で実施する方法を学ぶ合宿となった。

基礎的な知識について講義も

基礎的な知識について講義

すでに経験・知識がある選手はそれらを見直し、さらにアップデートする機会に。

まだ経験が浅く、知識も少ない選手にとっては新鮮な情報に多く触れる機会になったと思う。

現実は、まだまだトレーニングの初歩の段階に踏み込んだ程度。

今回学んだことを今後の名古屋でのトレーニングで正しく実践し、回数を積み重ねていくことでフォームを磨き、挙上できる重量・回数を向上させていく。

そして、それをホッケーにつなげる。

瞬発的な動きをさらに向上させたり、ストロークの強さにつなげたり・・・。

私たちはホッケー選手であるため、ただ単に重い重量を上げればそれで良いわけではなく、持久的能力を高めることも並行して行う必要がある。

複合的な能力を必要とされる競技であることを頭に入れて、目的を明確に持って今後も各トレーニングに励んでいきたい。

p4020028.jpg

p4060083.jpg

p4060080.jpg

p4010020.jpg

p4040051.jpg

p4050069.jpg

p4050062.jpg

スクワット

私自身の測定結果は、3年前の数値と比べて大きく伸びたとは言えない結果であり、自分の現在地を思い知らされた。

自身の甘さを痛感したが、その後、6日間の合宿を通じて意識の面でポジティブな変化があったと感じている。

特にスクワットに対しての意識。

もともと苦手意識の強かった種目だが、今回の合宿の測定で自身が予想していたより重量・回数が挙げられた。(声を思う存分出せる施設環境、アスリートの独特の雰囲気、周囲からの鼓舞などが加勢してくれた)

その後、あらためてフォームの指導、実施する際のポイントを教えていただき、スクワットに対する苦手意識・心の壁が取り払われた感がある。

スクワット

スクワット

こんなことを書いたら平岡代表から「いまさら遅い」と言われてしまいそうではあるが、この意識の変化を好機と捉え、私の課題である爆発的なスピード・パワーを向上させるために、現在1.95であるスクワットのMAX値の体重比をなるべく早く2.0まで持っていき、そこからさらに高い数値を目指していきたい。

最後に

あっという間の6日間であったが心身ともに変化があり、有意義な合宿となったと感じている。

合宿の途中からワールドリーグ2で優勝という最高の結果を持って帰ってきてくれた4名(山下、吉原、新本、佐々木)も合流し、最後は17名揃ってチーム全員でトレーニングを行うことができた。

まずは年度初めの時期にこのような合宿を組んでくれたチーム、送り出してくださった所属企業、仕事のサポートをしてくださった同僚のみなさんに感謝したい。

いつも支援していただき、ありがとうございます。

そして、最後に。

今回の合宿中、集中できる環境、ピリッとした雰囲気の中で指導をしてくださったアスリートの平岡代表はじめ、サポートしてくださったスタッフのみなさんに心から感謝したい。

6日間ありがとうございました。

藤本一平

平岡代表を囲んで

平岡代表を囲んで

【平岡代表の日記】(ホッケー関連)

2011.08.05
ホッケー日本代表1
http://www.athlete-gym.com/diary/2011/diary_110805.html

2011.08.26
ホッケー日本代表2
http://www.athlete-gym.com/diary/2011/diary_110826.html

2011.11.05
ホッケー日本代表3
http://www.athlete-gym.com/diary/2011/diary_111105.html

2012.03.17
ホッケー日本代表4
http://www.athlete-gym.com/diary/2012/diary_120317.html

2012.04.16
ホッケー日本代表5
http://www.athlete-gym.com/diary/2012/diary_120416.html

2012.04.29
ホッケー五輪最終予選
http://www.athlete-gym.com/diary/2012/diary_120429.html

2012.05.05
いざ決戦
http://www.athlete-gym.com/diary/2012/diary_120505.html

2012.05.10
1-2
http://www.athlete-gym.com/diary/2012/diary_120510.html

2012.07.21
ロンドンオリンピック
http://www.athlete-gym.com/diary/2012/diary_120721.html

2012.12.05
3冠達成
http://www.athlete-gym.com/diary/2012/diary_121205.html

2013.02.06
ホッケーナショナルチーム
http://www.athlete-gym.com/diary/2013/diary_130206.html

2013.03.21
スポーツの春到来
http://www.athlete-gym.com/diary/2013/diary_130321.html

2013.04.19
ホッケー女子日本リーグ広島大会
http://www.athlete-gym.com/diary/2013/diary_130419.html

2013.04.22
ホッケー(日本代表&コカ・コーラ)
http://www.athlete-gym.com/diary/2013/diary_130422.html

2013.05.17
ホッケー日本代表
http://www.athlete-gym.com/diary/2013/diary_130517.html
(新旧フラーテルメンバーの写真多数!)

2013.06.05
ホッケーナショナルチーム
http://www.athlete-gym.com/diary/2013/diary_130605.html

2013.11.11
ホッケーアジアチャンピオンズトロフィー
http://www.athlete-gym.com/diary/2013/diary_131111.html

2014.07.29
まず一冠
http://www.athlete-gym.com/diary/2014/diary_140729.html

2014.08.03
さくらジャパン
http://www.athlete-gym.com/diary/2014/diary_140803.html

2014.08.24
お盆期間
http://www.athlete-gym.com/diary/2014/diary_140824.html

2014.09.03
ホッケー・HOCKEY・ホッケー・ホッケー・ホッケー
http://www.athlete-gym.com/diary/2014/diary_140903.html

2014.09.11
さくらJAPAN
http://www.athlete-gym.com/diary/2014/diary_140911.html

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。

●このコメント欄の使い方

お名前は匿名やニックネームでかまいません。コメントの内容を確認した後、公開しますので表示まで時間がかかる場合があります。非公開を希望する方はその旨をご記入ください。お問い合わせフォームもありますので、そちらも気軽にご利用ください。

43