【リオ五輪・男子ホッケー】アルゼンチン代表

男子ホッケー・アルゼンチン代表

【チームの特徴】

コーチのカルロス・レテグイは情熱的なキャラクターで、選手の面倒見もよい。アルゼンチンがゴールを決めた後は、ベンチにいる彼と選手が抱き合って喜ぶ姿が見受けられ、選手との信頼関係もうまく築けているように見える。

カルロス・レテグイ

カルロス・レテグイ

ピッチ外でも選手同士の中が非常によく、チームとしてまとまっている印象。

【攻撃スタイル】

ピッチの中ではFW,MFの個のスキルが高い。全体的にプレーは激しいが、南米独特のリズムを持ち、繊細なドリブルスキルを兼ね備えた選手もいる。(特に#12ルーカス・ビラ、#26オーグスティン・マッツィーリ)

フィールドゴールのゴールゲッターは、#10マティアス・パルデス、#12ルーカス・ビラ。マティアスはGK前のエリアでしっかりと仕事をするタイプ。ビラは自分でドリブルで持ち込んで決めることもできるし、センタリングを待ってタッチを決めることもうまい。

#11メニーニ、#7カリオニもスコアリングスキルが高い。特にタッチシュート、リバウンド。

PCのスペシャリスト、ゴンツァロ・ペイラットは今大会すでに10得点。調子の良さが伝わってくる。

ゴンツァロ・ペイラット

ゴンツァロ・ペイラット

攻撃パターンとしては、

・スピードに乗ったカウンター

・両サイドの23mから強烈なヒットを打ち込み、サークル内でタッチ

・両サイドのエンドライン際をドリブル、パスでえぐってゴール前で勝負

・サークル内で反則を奪い、ペナルティーコーナーで得点

ヒットでの打ち込みを多用するチーム。

サークル内でPCを取るスキルが高い。

準決勝ドイツ戦は5得点中、PCが3得点。

準決勝・ドイツ戦のPC取得シーン

準決勝・ドイツ戦のPC取得シーン


【W杯の実績】

2014年のW杯では銅メダルを獲得。国際舞台での経験値も着実に積んできている。また、同大会で得点王となったのは#2ペイラット。

【弱点】

・DF陣には体格の大きな選手が揃い、球際は強いが、スピード、スタミナが不安材料。

・審判への抗議が露骨であることが多く、審判を敵に回しやすい。ただ、今回は南米開催ということもあり、笛も有利?

・30歳を越える選手が10人いる。連戦の疲労をどれだけリカバリーできているか。

藤本一平

Instagram @_ippei_fujimoto_
Twitter @ippei_fujimoto
Facebook 【ホッケージャーナル】

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。

●このコメント欄の使い方

お名前は匿名やニックネームでかまいません。コメントの内容を確認した後、公開しますので表示まで時間がかかる場合があります。非公開を希望する方はその旨をご記入ください。お問い合わせフォームもありますので、そちらも気軽にご利用ください。

0